練習用

2018年11月01日 06:25

 
2018.11.1  たくましい発芽
 
 歳のせいではないと思うがイオウ系のニラやニンニクがすこやかな育ちをしているとほっとする。若さを造るスタミナ野菜のせいだろう。真夏の暑さに太陽から受け取ったエネルギーをたっぷり根に蓄えた秋ニラは軟らかくとても甘い。少し疲れた体にニラ料理のエキスが浸み込んで来るとそれだけで体が和んでくる。
 
 先日、蒔いたニンニクも芽吹いた。その芽は太くがっちりし、まさにスタミナ野菜の風格を備えた姿である。だからニンニクも好きな野菜である。ニンニクの凄さは古事記や源氏物語にも紹介され、そのスタミナの強さと臭いは修業中の僧侶の妨げになるとして寺は食べるのを禁じた。「不許葷酒入山門」くんしゅ山門に入るを許さず。立札は今も見かける。それほど体にパワーを注ぎ込む食べ物であることを数千年前の先人たちも知っていた。 
 
ニンニクのスタミナと薬効はヒトへの効能だけではなく、農業にもいい効果があり山形山で収穫した不揃いのニンニクを木酢液に半年ほど浸け込み、エキスの溶けたその溶液を葉面散布すると速攻性の栄養剤となり野菜は生長を促す。翌日にはグリーンの葉が淡く輝き光合成を盛んにしているのが分かる。また病害虫にしても忌避効果が高くニンニクは有機農業にも欠かせない存在となった。
 
ヒトにとってイオウ成分の多いニラやニンニクは若さや健康を造る大事な栄養素、しかも酵素やホルモンの働きにも関与し免疫力を高める原動力にもなっている。志賀潔博士の示唆を受けニンニクの研究をやり通し世界的に有名になった小湊潔博士によると、ニンニクのスコルジニンは体のいたるところで医療効果を発揮し、体調管理を担っているありがたい配糖体であると著書で力説しており日常的に食べた方が良いとも言っている。
 
年齢と共に栄養吸収が低下するらしいので食事量を少し多めにしながらニラやニンニクも食べ毎日元気で働きたい。うっかり働きすぎても健康体だと体力の消耗も少なく快活生活が続けられる。体が資本であることを忘れずに、先ずは食べる事に幸せを感じたい。「飛べる間は飛べ」とは、しっかり食べろと云うことかもしれない。
.


2018年03月28日 12:04

2018.元旦 雪五尺
 今年も一年、若い心で働けるよう祈りながら新年を迎えました。みなさんにおかれましても良い一年でありますことをお祈り致しております。最近、恒常的に温暖化や異常気象が発生し食糧生産に影響を与えているのでは? そんな心配の声が寄せられました。確かに動植物や魚類の生活圏を示す南限や北限の移動が見られるようです。
日頃、食べている国産の農産物や畜産物、それに養殖魚などは深い知識と高度な技術で生産されており大きな収量の減収は考えにくいですが、自然界に生息するいわゆる野生の動植物や魚介類にはその傾向が現れ、特に魚種によっては漸減しているものもあるようです。
 山形の雪の中での生活もちょっと大変ですが、大雪のもたらす恩恵は生活の不便からは測りしれないものがあり、その恵みは大地を潤い、作物を育て、山や川も海までも元気にしているありがたい雪です。雪に生かされ、雪に感謝する生活も、まさに、これがまあ終のすみかか雪五尺(一茶) というところ
全有連の農家たちも耕作地の物理性を高め、そこに棲む微生物や小動物を増殖し、土壌の再生産力を高める有機農業を進めています。おそらく急な気候変動に襲われても緩衝力を持った土相は、たやすく崩れ散ることもなく生産量を維持する力を保持していると思います。と云うのも米パニックが起きた1993年の大冷害にも被害を受けなかった田畑があり、有機農業を営む星寛治さんがその田んぼの地温を測ったところ慣行田に比べ3度も高かった。理由は微生物の生命活動が根圏を恒温に保つ働きをした事で平年並みに育ったと言っていました。異常気象の中での安定生産を目指すためにも有機農業の広がりにもう少し加速を願うところであります。
さて昨年は、コンニャク芋と落花生に挑戦、『刺身コンニャク』や『塩茹で落花生』が如何に美味しい食べ物であったかを確認しました。今年も作ります。ただスローワークのため希望される会員さんのみにしたいと思います。早めにお申し込みください。
唇を芹雑炊が焦がしけり  普羅


2017年05月02日 03:29

2017.5.1 ほろ苦き恋の味なり蕗のとう (久女)
 山菜のほろ苦さには生命の強さとたくましさがあり一日の疲れを癒してくれる。雪解けの大地に芽吹く山菜の味を好む人は大地にそっと寄り添うように歩き大地をけがしたりはしない。蕗の薹はしょう油と酒と梅干と少しの砂糖で煮しめただけで一際の風味を醸し、ウルイやアマドコロはサッと湯がいてもシャリシャリと春を味わうことができる。採れたてのコシアブラなら生で食べてもしっとりと奥深い自然の味を口中に残す。
 
山形山農場も小鳥が春を告げる季節になった。美味しい野菜をつくるには肥沃な畑にしなければならない。毎年、大量の有機質やミネラルを投入し腐植を高める作業をしている時、何よりも夢が拓くときである。少しでも怠ると腐植は減りおいしい野菜は遠のいてしまう。先ずは炭素率の高いそば殻を少し多めに敷き込み、粘土質を膨潤にしながら腐植と炭水化物の投入に努める。毎年入れる木炭粉は硝酸菌などの棲み家となり、やがて根圏の環境が整うと微生物の増殖が速まり有害菌の発生を抑えることになる。従って野菜は病気もせず健やかに育つ。木炭粉は地温を上げる役割も大きく標高の高い山形山農場には早春や晩秋の低温をカバーするのに今では欠かせない保温資材でもある。しかも木炭粉はブドウ糖の生産に関わり甘いおいしい野菜をつくる。 

美味しい野菜づくりは野菜の好む土壌環境をつくること、それには投入する資材が大きく左右する。繰り返すがアミノ酸や有機酸、ミネラル、有機質肥料は野菜の必須栄養素でありこの基本資材をキチンと毎年入れ続ける事が美味しい野菜の育つ原点であり病害虫にも強い無農薬栽培法でもある。
 
 3月中旬に蒔いたキャベツやカリフラワーはたくましく育ち、ニラもナスも生長が進み、5月中旬に農業研修に訪れる保育士さん40名の手で定植される。全体の作業内容は❶草むしり作業、❷堆肥撒き作業、❸プラグ苗の定植作業、❹定植後の苗に水やり作業、❺大ハンマーを振り上げナスやピーマンの支柱立て作業、❻草刈り作業、六班に分かれて二日間の研修を行う。園長の食育方針が保育士さんたちの食育学を高め農業から食を学び、そのお陰で園児たちは健康を向上させている。
   


2016年10月25日 17:07

イメージ 1
                                             御祈祷 幸生山長寿寺
    大粒でうまいコメが誕生した。 『新開発米 やまがたびより・元気長寿米』
 やっぱり美味しいコメであった。山形県農業試験場が開発した新開発米、山形95号はとても美味しいと言うニュースが年明けのテレビで放映された。県の農業試験場に問い合わせると、美味しいコメです、と担当者の自信に満ちた言葉に誘われ、さっそく種子の入手方法を紹介いただき栽培してみることにした。食味の特徴は「米粒がとても大きいこと、うつくしく輝く艶があること、甘味があり、粘りも強い、香りは心地よく、冷めてもまだ美味しい」このような満点の遺伝子を持つコメのようだ。
 山形県が威信をかけて開発したこの山形95号を、農家の生産意欲が増すようにと自社ブランド米に命名しても良いという配慮の制度もあり、全有連は「やまがたびより」と、幸生山長寿寺の住職に御祈祷いただき「元気長寿米」のブランド名でデビューすることにした。
 先日、収穫したばかりの新米を幸生山長寿寺に奉納し、早速炊いて見た。何とも言えない香りが漂う中で真っ白で大粒のご飯が炊きあがった。一口また一口、まさに試験場の担当者が言うような味である。冷めたコメはポロポロし不味いものだが、半日放置した冷たい飯も甘味や粘りがそのまま残り、弁当やおにぎりにも適することが分かった。
 作りにくく手間暇かかる新品種だが美味しいコメで良かった。私はこのコメを密かに「天使の微笑み」と思っている。つやつやと輝く姿は如何にも天使の気品を持ったコメで、通常ご飯を美味しく食べるには、目でご飯の美しさを楽しみ、おかずは薄味にするのが基本だが、このコメは味が濃くても薄くても旨い。
だから本物だと思う。

米くるる友を今宵の月の客 芭蕉
 



2013年08月04日 08:03


   先週末、トウモロコシのおひさまコーンが稔り、数本摘みとって試食、メーカー説明の通り甘みがあって旨い、しかも、果肉もしっかりして食べ応えもある。

   月曜日には会員さんに届けられると喜んでいると、その日の夜、狸の家族も完熟のチャンスを待っていたのだろう。動物の本能に脱帽。







 


ギャラリー
  • コメと野菜と鶏卵と
  • 色の濃い葉物野菜は危ない
  • 食はいのち 希望を語り学ぶ
  • 感謝と涙の一年でした
  • ウバユリの願い
  • 大粒でうまいコメが誕生  『新開発米 やまがたびより・元気長寿米』
  • コオロギの食欲に脱帽
  • 試食で味を高める
  • 美味しい野菜は高栄養価