2019年01月31日 10:33

晩年の楽しみ

 
2019.2.1  晩年の楽しみ


驚いてしまった。何十年も内臓疾患で入院経験などなかった自分が9月に肺炎を患い、大晦日から10日ほど急性膵炎で入院した。里山で心地よく汗を流しながら有機農業をやっていた自分がまさか数ヵ月で2回も入院生活をおくるとは思いもよらなかった。  

そもそも有機農業を始めたきっかけは傷めた身体機能を回復させるための食糧生産であり、健康増進のための有機農業であった。お陰で全ての機能は回復し食と農のあり方は健康体の創造であることを心底わかりきっていただけに残念でならない。

加齢から来る自然現象であれば仕方のない事だが、いずれにしても、これを機会に生活習慣や食のあり方を年齢に併せたスタイルに切り替え、心も体も農に弾む健康体に戻さなければ晩年の人生の楽しみを失ってしまいかねない。 


勿論、晩酌は担当医からきつく止められしばらくお預けとなるが、完治までは玄米五目飯に改め免疫力や治癒力を高め膵臓機能を正常に戻す食事内容にした。身体のすべての箇所が再生能力を有するとすれば膵臓機能も必ず戻ると信じ努力して回復させたい。


 それに免疫力の高い「レタスや白菜、小松菜、法連草、ブロッコリー、茄子、胡瓜、トマト、大根」を多く食べ、そして抗酸化力を持つ「茎立ちやブロッコリー、カリフラワー、小カブ、ピーマン、南瓜、イチゴ」等も意識的に食卓に乗せ、解毒作用の強い「ニンニクやニラ、ネギ、キャベツ」も積極的に山形山農場で栽培する事にした。
 勿論みなさんの分も栽培計画に入っています。


 しかも今年から土壌肥料として昨年まで投入した厩堆肥やアミノ酸肥料、有機酸肥料、ミネラル液剤の他にワインの発酵に用いる微生物の栄養剤も使う事にした。おそらく土壌微生物はこの栄養剤を好んで食べ大繁殖するに違いない。そうなれば尚栄養価の高い美味しい野菜が育つはず。また土壌微生物の大量発生は異常気象時における干ばつや冷害などの緩衝力に長け、激しい気候の変化に野菜は過度のストレスを感じることなく育つ気がする。


直射日光で生長する露地野菜は日常的に紫外線や暴風雨、病害虫と闘いながら生き抜いている。それを可能にしているのは免疫物質や抗酸化物質、解毒物質、ビタミン類などで、これらは全て野菜が自前で造り出す貴重なファイトケミカルであり、今年はこの防御物質がぎっしり詰まった治癒力野菜をみなさんと一緒に食べながら、なお健康な年になるよう働くつもりでいる。  里山や白菜眠る雪五尺  山形山


 




ギャラリー
  • コメと野菜と鶏卵と
  • 色の濃い葉物野菜は危ない
  • 食はいのち 希望を語り学ぶ
  • 感謝と涙の一年でした
  • ウバユリの願い
  • 大粒でうまいコメが誕生  『新開発米 やまがたびより・元気長寿米』
  • コオロギの食欲に脱帽
  • 試食で味を高める
  • 美味しい野菜は高栄養価