2014年02月09日 16:22

低気圧と涙

 夏も冬も油断出来ないのは気圧の急変です。特に強い低気圧は一瞬にして天気が崩れ平穏な時間をパニックに落としいれてしまう。昨夜は、その典型的な現象であった。東京を中心に大雪が襲い雪害の防備対策の必要性も少ない関東地方は交通機関が乱れに乱れ、仕事に急ぐ人や家路に向かう人など、多くの人たちがアッというまに足止めをくわされてしまった。
 
 あの程度の雪は、雪国の日常的な降雪量だが、積雪の少ない地域ではそうはいかない。多くの怪我人や亡くなる人まで出てしまった。このたびの低気圧はあまりにも大きく、しかも速すぎて対策をとる準備時間さえもない。また、こんなに大きな豪雪で被害が発生しようとは気象庁は想像していなかった?
 
 雪害ではないが、私も低気圧では幾度も被害を経験して来た。突然強い低気圧の現れ、大風が吹きまくりマルチビニールが吹き飛ばされたり、種蒔きを終えたばかりの種子が強い雨で全部洗い流されてしまったこともしばしばあった。雨も風も太陽もみな生き物たちに必要なものだが、突然だったり、強すぎたり、多すぎたりの現象には頭を抱えてしまう事も度々ある。 五風十雨、穏やかな一年であってほしいものだ。
 


ギャラリー
  • コメと野菜と鶏卵と
  • 色の濃い葉物野菜は危ない
  • 食はいのち 希望を語り学ぶ
  • 感謝と涙の一年でした
  • ウバユリの願い
  • 大粒でうまいコメが誕生  『新開発米 やまがたびより・元気長寿米』
  • コオロギの食欲に脱帽
  • 試食で味を高める
  • 美味しい野菜は高栄養価