2017年05月

2017年05月31日 17:12

2017.6.1 
 数年前、柳田邦男氏から絵本は人生に3回読むべしと云う話を聴いた。その言葉が胸に響き絵本を見たり読んだりする日が多くなった。子供のように素直な感性で一日を過ごせたら、それこそ大人でも無邪気に悦びを堪能し思い出多い日をつくることができるだろう。絵本の面白さを分かり始めると日常生活のストレスも少しずつ和らぎいつの間にかロマンの扉が開き探究心や行動力が旺盛になる。特に草木や昆虫、小鳥などが気になってしかたがない。絵本画家は絵本作家の意図をくみ取り細やかなところまで描き上げた絵を見るだけで不思議と感性が弾んで行く。
 
絵本と同じく子供たちを感動の世界に導く達人者がいる。それは保育士さんだが、保育士さんは子供の心を知り尽くし子供たちを惹きつける術を持っている。横浜の愛の詩保育園では子供の想像力や頭脳や身体開発等は食べ物にもあると園長先生の掛け声で栄養士さんや保育士さんが食育学に取組み、今年も山形山農場に食の原点を探りに40数名でやって来た。数千本のミニ苗を植え、水をやり、草を刈り、ナスの支柱を立てる等、野菜が育つ初期作業を体験で学んだ。

小さな苗は弱々しく園児と同じように扱わねば素直には育たない。3㎝ほどのミニ苗は赤ん坊を抱く母心で植え、水も母乳を飲ませるように注水する。幼い命の取り扱いは優しい心がなければ野菜とて育てるのがむずかしい。
園児の成長に必要な栄養価を計算して料理をつくる。しかも美味しく、美しい盛り付けでなければ子供たちは喜んで食べてくれない。園児たちの五感に浸み込ませるには“本物の味や香りや食べる喜びの感謝の心を”胸に刻む料理でなければならない。 耳学問や目学問だけでは十分でないことに気付き山形山農場に足を踏み入れて20年も経つ。一見は百聞に如かずと云うが、健康に育つ野菜を眺め、病気でしおれそうな野菜を目の当たりに学び、食事のあり方を子供たちの教本としている。

“人間は食べ物によって造られる存在である”と唱えた幕末生れの石塚左玄がこの話を聞いたら拍手を贈るだろう。鶯の囀りを背にして植えたミニ苗も2週間後の今日は3倍以上に育った。そしてお盆には体験の成果が稔り園児たちの五感をゆさぶる夏野菜となって給食に出る。勿論、会員さんにもお届けします。
暑き日を海に入れたり最上川  芭蕉


2017年05月02日 03:29

2017.5.1 ほろ苦き恋の味なり蕗のとう (久女)
 山菜のほろ苦さには生命の強さとたくましさがあり一日の疲れを癒してくれる。雪解けの大地に芽吹く山菜の味を好む人は大地にそっと寄り添うように歩き大地をけがしたりはしない。蕗の薹はしょう油と酒と梅干と少しの砂糖で煮しめただけで一際の風味を醸し、ウルイやアマドコロはサッと湯がいてもシャリシャリと春を味わうことができる。採れたてのコシアブラなら生で食べてもしっとりと奥深い自然の味を口中に残す。
 
山形山農場も小鳥が春を告げる季節になった。美味しい野菜をつくるには肥沃な畑にしなければならない。毎年、大量の有機質やミネラルを投入し腐植を高める作業をしている時、何よりも夢が拓くときである。少しでも怠ると腐植は減りおいしい野菜は遠のいてしまう。先ずは炭素率の高いそば殻を少し多めに敷き込み、粘土質を膨潤にしながら腐植と炭水化物の投入に努める。毎年入れる木炭粉は硝酸菌などの棲み家となり、やがて根圏の環境が整うと微生物の増殖が速まり有害菌の発生を抑えることになる。従って野菜は病気もせず健やかに育つ。木炭粉は地温を上げる役割も大きく標高の高い山形山農場には早春や晩秋の低温をカバーするのに今では欠かせない保温資材でもある。しかも木炭粉はブドウ糖の生産に関わり甘いおいしい野菜をつくる。 

美味しい野菜づくりは野菜の好む土壌環境をつくること、それには投入する資材が大きく左右する。繰り返すがアミノ酸や有機酸、ミネラル、有機質肥料は野菜の必須栄養素でありこの基本資材をキチンと毎年入れ続ける事が美味しい野菜の育つ原点であり病害虫にも強い無農薬栽培法でもある。
 
 3月中旬に蒔いたキャベツやカリフラワーはたくましく育ち、ニラもナスも生長が進み、5月中旬に農業研修に訪れる保育士さん40名の手で定植される。全体の作業内容は❶草むしり作業、❷堆肥撒き作業、❸プラグ苗の定植作業、❹定植後の苗に水やり作業、❺大ハンマーを振り上げナスやピーマンの支柱立て作業、❻草刈り作業、六班に分かれて二日間の研修を行う。園長の食育方針が保育士さんたちの食育学を高め農業から食を学び、そのお陰で園児たちは健康を向上させている。
   


ギャラリー
  • コメと野菜と鶏卵と
  • 色の濃い葉物野菜は危ない
  • 食はいのち 希望を語り学ぶ
  • 感謝と涙の一年でした
  • ウバユリの願い
  • 大粒でうまいコメが誕生  『新開発米 やまがたびより・元気長寿米』
  • コオロギの食欲に脱帽
  • 試食で味を高める
  • 美味しい野菜は高栄養価