2015年01月

2015年01月20日 07:42

イメージ 1
               横浜の保育士さんたちが、積極的に農業を学んでいる
  人口の増加に追いつく食糧生産が間に合わない。だが先進国やGDPの高い国々では食品残差の廃棄量がすごい数値を示している。アフリカや一部の地方では食べ物が少なくやせ細った母子の姿がテレビに映る。この人たちに食料を届けて欲しいと願う世界の人たちの声もむなしく、国連は資金不足を理由に食糧支援を逆に減らしてしまった。
 食糧支援が国連の政策で行き詰まる中、世界の穀倉地では地力が落ち面積当たりの生産量が減収を辿りつつある。長年、化学肥料や農薬に頼った生産の結果と大型機械によると思われる団粒構造の破壊、昆虫や微生物などが激減しわずかな風雨によっても流失するほど軽い土質になってしまった。
  この土壌劣化の実情を危惧する国際土壌学者たちは今年を『国際土壌年』と定め、世界の農業関係機関や農民たちに「土壌の保全と管理」を呼びかけ生態系のバランスを取り戻すことをスローガンにスタートさせた。
 地球上の全ての生物の命は肥沃な大地によって受け継がれて来た。草も木も人も動物も昆虫も微生物もプランクトンも魚も貝も海藻も全てが豊饒の大地の中で、その命が守られて来た。
 食糧不足は間もなくやって来る。そのことは誰もが視野に入っている。その日が来る前に、かつて私たちが20年前、大冷害で経験した米パニック、そしてキューバがペレストロイカで食糧難に陥ったとき、苦しい生活の中で発見した、「謙虚な食事と柔軟な知恵』で切り抜けたように、私たちもその経験を活かす備えを今から始めても良いのではないか。
 私の友人たち(非農家)が長年、山形山農場に通い、野菜を作る楽しさを覚え、食糧を作る技術を身に付けた。その結果、市民農園を借り無農薬野菜を何十種類も作り家族や友人知人にふるまっている。この技さえあれば、いつ何処て、何が起きても家族の食料は守れる。

 


 

 
  



2015年01月15日 11:27

イメージ 1
 
 3人が立っている場所は平屋造りの屋根の上、地べたと同じ高さに屋根がある。落ちて怪我することはないのだが、雪下ろしだけは三回以上、今日は青空に恵まれ汗を流しても空気が澄み切って気持ちよい、若い二人は大ハシャギ。黄砂の飛来もなく純白な雪を4人でザクザクと音を立てながらおろした。
 
 今朝、6時47分、NHKまちかど情報室から、当会(全国有機農法連絡会)の冬野菜の大自慢である 『雪室野菜』 が全国放映された。雪の中に保管された冬野菜は一定期間、同一温度を保つとうま味成分の熟成が始まりとても美味しい野菜に変身する。雪室保管する農家は大変な労力を要するが、味の違いを知っている農家にとっては労力はさほど問題ではない。
 
 当会から全国の会員さん宅に送られた雪室野菜で、鍋料理をつくって食卓を囲む家族が放映された。小さな子供が身体をゆすって食べている姿が印象的だった。よほど美味しかったのだろう、画面を見ながら、こんな小さな子にまで喜ばれる、いい仕事をしていることに嬉しくなった。
 
 誰もが美味しいものは食べたい。それに応える農業を生業とする人生を歩めることにつくづく幸せを感じる一瞬であった。今年ももっと美味しい物を作るから。
 
 友人から手紙が届く。食糧難時代をどう向き合うかという真剣な内容に、また一人地球環境を考える人が現れた。アメリカの学者レスターブラウンが二十数年前から食糧危機問題に警鐘を鳴らし、地球をもっと大事にと呼びかけている。
 
 彼の呼びかけは、農業の現場にいる有機農業者たちには汚染の進捗が手に取るように分かる。 その原因の殆どは、私たち人間の本能と文明の発展によるところが大きく、水を汚し、大気を汚し、土壌も汚し、疲弊させては表土を失い、地下水は限界数位を超えるまで汲み上げてしまった。それでも制止できない状態にいる。
 
 人口が毎年8000万人も増えているのに食糧基地を増やす場所は、今は何処にもない。今ある大地を荒廃させないよう、みんなで養生し保全しながら地力の回復を考えねばならない。
 
 
 
 
 


2015年01月06日 10:08

                              ★ 2015年 おめでとうございます。
イメージ 1
 
2015年元旦 土の声  山形山農場からプレゼント
 
みなさん、新年おめでとうございます。
 新しい年を迎えると,一年で一番楽しい仕事が始まります。それは今春から栽培する野菜の種子選びです。カタログを広げ食べる人たちの顔を思い浮かべながら今年も美味しいものを作るぞ!と云う瞬間の時です。栽培する畑の土質に合わせ、土壌PHの違いや水持ち水捌けの良し悪し、それに肥沃度などを見極め、栽培する野菜の品目や品種,そして美味そうな新品種があれば加えます。この選択を誤ると本畑に移植後、野菜の生育はバランスを欠き生理障害を起こしたり、病害虫の被害を受けることになり美味しい野菜を育てることが出来なくなります。
 
 特に粘土質の強い畑は生育が厳しいので、山形山農場では雨量や加湿に強い品目を選び、尚且つ品種にも気を付けます。それに、畝は常に高畝を基本とすることが肝心で大雨や日照りが続いても、いつでも対応出来るよう配慮しておくことです。
 
健やかに育つことを願い山形山の土壌改革を長年続けてきました。大量の有機物を投入し、しかも暗渠排水路の設置も出来るだけ多く敷くように続けています。それでも十分な構造にはなっていませんが、年々改善の兆しが現れ作物の育ちが良くなってきました。
 
 土壌環境の改善を続けて来られたのも『山形山の野菜は美味しい』と、みなさんからの言葉の支えと励ましのお陰です。そこで、感謝のお礼として、山形山農場で元気に育った野菜の種子や幼苗をプレゼントしたいと思います。内容は下記の通りでご希望の方は遠慮せずにお申し込下さい。
 
★❶根三つ葉の種子(土はしっとりし、日当りの弱いところを好み● 
  播種は春秋、ばら蒔きも可、栄養価が高くいっぱい食べて欲しい野菜)
★❷花オクラの種子(日当りを好む、●播種は3月、▲定植の株間は45㎝以  上、大輪の黄花がたくさん咲きます。花を生食、酢の物やサラダにとろと ろと美味しい)
★❸キャベツの幼苗(日当りを好む、▲定植の株間は45㎝以上、防虫ネット で無農薬栽培)
★❹ナスの幼苗(土はしっとりし、日当りを好む、▲定植株間は60㎝以上、 剪定を大胆にすると秋遅くまで瑞々しいナスを食べられます)
★❺ニラの幼苗(日当りの弱いところが美味しい、■収穫は25センチ前後、 3年間20回の収穫を楽しめます)
★❻木いちごの苗(土はしっとり、日当りを好む、ツル性で5メートルほど 伸びます。垣根や木立に絡ませても面白い、白い花は清楚、赤い実がぶど う色に染まったら食べごろ、生食、ジャムは綺麗)
★❼アマドコロの根茎(日当り好む、■収穫は早春、発芽したら葉が開く前 に摘み、お浸し、天ぷら、料理はいろいろ、春の山菜の食感を楽しめま  す。花と実も可愛い)
★❽ワラビの根茎(日当りの良い所を好む、肥料を与えると年々太いものが 現れ育てるのが楽しい)
★❾山ぶきの根茎(庭の隅やベランダに植えてもよい、フキノトウ、キャラ ブキが美味しい)
★❿ウルイの根茎(日影で作ると薄緑の茎葉となり春の優しい風味を楽しめ ます。花も綺麗)
 
■以上の10点の中からご希望の番号をいくつでも選びお申し込みくださ  い。発送は①~⑥は(4月半~5月半)、⑦~⑩の根茎は秋(10月中)に掘 りだしお届けします。「野菜やお米と同梱」「別便は実費」
.
 


ギャラリー
  • コメと野菜と鶏卵と
  • 色の濃い葉物野菜は危ない
  • 食はいのち 希望を語り学ぶ
  • 感謝と涙の一年でした
  • ウバユリの願い
  • 大粒でうまいコメが誕生  『新開発米 やまがたびより・元気長寿米』
  • コオロギの食欲に脱帽
  • 試食で味を高める
  • 美味しい野菜は高栄養価