2006年12月

2006年12月29日 10:13

冬期間の発芽実験、並びに生育実験をかねて、先日の新月(20日)にほうれん草とみず菜をガラスコップに10粒づつ蒔いてみました。先週の気温が高かったせいか、みず菜は26日に発芽が出揃い順調に伸びています。   一方、ほうれん草は、昨日2本発芽しました。
この実験は、月二回、新月と満月に播種し、その発芽や生育具合をみてみようと云う試みでせす。

さて、今年も後二日です。多くの方々のお陰で一年を無事に過ごし、年を越す準備が出来ました。やり残したことは山積ですが、来年の楽しみとします。いろいろお世話になりました。良いお年をお迎え下さい。

2006年12月05日 02:58

 2日に16回目にあたる対話集会を国分寺で開催した。こちらからの報告として、①陰暦栽培の経過報告、②日豪FTAにおける日本農業は、③ポジティブリスト対策、④品目横断的経営安定対策について。
 先ずは今年初めて実践した陰暦栽培の経過を報告し、その中で月が地球と生物に与えている力の凄さを野菜の生育を通して説明。近年の農業は太陽暦に変わったが、数十年前までは世界中の農民や漁民達が陰暦を用い、その月相によって農作業や漁を進めてきた。ただ一年だけの観察で声を上げる分けにはいかないが、来年も実験を繰り返しその結果を報告していきたい。

 ②今、日本農業を取り巻く重要問題として日豪自由貿易協定がある。このFTAがオーストラリアの求める自由貿易協定内容におさまると日本農業や日本の食糧自給率に与える影響は極めて大きく、農家や農業だけの問題ではなくなる。

ギャラリー
  • コメと野菜と鶏卵と
  • 色の濃い葉物野菜は危ない
  • 食はいのち 希望を語り学ぶ
  • 感謝と涙の一年でした
  • ウバユリの願い
  • 大粒でうまいコメが誕生  『新開発米 やまがたびより・元気長寿米』
  • コオロギの食欲に脱帽
  • 試食で味を高める
  • 美味しい野菜は高栄養価