2019年08月29日 07:08

2019.9.1  生態系とは、何
 夏至が過ぎると短日性の野菜や草花は夜の長さを測り、花を咲かせては種をつくる。その丸やひし形や毛に覆われた小さな種を手にして、面白い・不思議だ!、と思った人は多いことだろう。
  私も子供のころ、まだ遺伝子などと云う言葉を知らない時分に、こんな小さな種が、どうしてあんなになるんだろうと不思議でならなかった。小さな種から大きな野菜が育ち、花の種は美しい花を咲かせる。種だけを見ても何の種だかさっぱり分からないが、その種の中には先祖からの必要な情報がぎっしり詰っており、親と同じ力を持つ姿となってよみがえる。本当に魔法の一粒である。
 地球には500万~3000万の動植物種がいるというが、山形山にも数百種の草木が自生する。昆虫や微生物を入れると果てしない数の生き物が共生しているはずである。その動植物の生態系のバランスが少しずつ崩れ消滅してしまった種、消滅しつつある種が多いと研究者たちは嘆き警鐘を鳴らす。バランスが崩れると一体どうなるのか、我々の生活にどんな影響が出るのか、何となく想像はつくが、まだ誰も知らない。開拓当初の山形山農場の野菜の育ち方から生態系とはを推察すると、譲り受けたころの畑は山を切り崩しただけの荒れ地でミミズもモグラもネズミもいなかった。何故だろうか。ミミズの餌となる土壌微生物が棲みつく前だったので食物連鎖が成立つ食物ピラミッドが形成されていなかった。そのため次の命をつなぐ食べ物がなく野菜さえ育たなかった。
 そんな事も知らずに無生物の大地に野菜の種を蒔いた。やっぱり未熟野菜と奇形野菜しか育たなかったことを無知の経験で覚えている。勿論、有機農業には不向きな農地であった。有機農業の条件は「農地が生態系で満たされている事」が大前提なので、生態系の整っていない農地では本物の食糧は作れないのである。
 十数年前、生態系の一部が壊される大騒動が起きた。それはネオニコチノイド系農薬が原因と思われる事件で、この農薬は殺虫効果が高いことから世界中で使用され、そして間もなく世界各地で蜜蜂の大群が神経を侵され大量に死んだ。その結果、蜜蜂の媒介で受粉する果実や牧草等の虫媒介作物の生産量が減り、果実や乳製品が品薄となって価格を跳ね上げた。これと同じようなことが春になると山形県でもサクランボやトマト、カボチャ畑でミツバチが飛んでいるか、農家たちの胸は騒ぐ、花に群がる昆虫が少し減少しただけでも生態系が狂い、生産量が落ち食品価格に反応する。もし海洋汚染が進み動物プランクトンが大量死に至ったら、それこそいったいどうなるだろうか。安定した食生活で豊かな人生を望んでいる私たちの・・・自然に対する気配りがもう一歩踏み込んで考える時期に入ったようだ。
 虫の音に少し秋来る稲穂哉  山形山
 


2019年07月25日 11:27

2019.8.1 チビアマガエルの働き
 
 甘く軟らかな枝ブロッコリーは虫にとっても心地よい香りと美味しさを秘めた野菜のようだ。防虫ネットが風にひらひら揺れると、その瞬間に虫たちは隙間からネット内に入ってくる。チビアマガエルもその虫を追いかけて入る。2センチにも満たない可愛いチビアマガエルが一株に23匹も棲みつき虫を捕食する。真っ白な防虫ネット内はカラスなどの天敵に襲われる心配もなく、しかも緑の保護色は人眼でさえ見落とすほど見事な擬態色である。
防虫ネット内はチビアマガエルの餌となる小さな虫が無数に飛び回り腹を満たすには不自由しない楽園で、前足は指4本、後ろ足は5本の指を持ち、それぞれの指には丸い吸盤があり垂直に昇り降りも自在である。ジャンプで隣の枝葉に移るのも上手いものものだ。じっと覗いていると照れくさそうに横を向くが目玉だけはこちらを向いて何かを言っている。その仕草は人間の赤子のようで真に可愛い。
 やがて枝ブロッコリーの収穫が終わり防虫ネットや残差を片付ける段には、チビアマガエルたちを天敵の少ない安全な場所へ移してやらねばならない。近くにはカラスの夫婦が目ざとく獲物を探しており見つかったらそれこそ食物ピラミットの図式にされチビアマガエルの一生は終りだ。
チビアマガエルの補虫のお陰で美味しい枝ブロッコリーを食べられた事に感謝し安全な場所に移すのだが、こちらの気持ちなど通じないものだから逃げまわるのを追いかけ森に追いやる作業も結構苦労だが喜びも半分加わり遊べるひと時になる。
 農場内に共生する生態系が豊かになると、命の賑わいだけでなく野菜の生長にも良い結果が現れる。数年前虹色クラブの人たちと小さなビオトープを造りドジョウを放し蓮の花や睡蓮を植え、そこにカエルやトンボが産卵し、イモリまで棲みつき賑わいの水辺となった。数年経つとカエルやトンボが増え、生態の環境が農場内にまで拡がり野菜も健康に育つようになった。小さなビオトープの生き物たちも間接的には野菜づくりに参加した。これは自然の姿なのだと環境の在り方をチビアマガエルとトンボから教わる夏となった。
 
 
2019.8.1  生態系の乱れで
 丸やひし形の小さな種子を見て、面白い・不思議だ!、と感じた経験を持つ人は多かろうと思う。
私も子供のころ、まだ遺伝子などと云う言葉を知らない時分に、こんな小さな種が、どうしてあんなになるんだろうと不思議でならなかった。小さな種が大きな野菜となり、花の種はきれいな花を咲かせる。種だけを見ても何の種だかさっぱり想像もつかないが、その種の中には先祖の遺伝子がぎっしり詰まり、親と同じ姿になって再生されいつまでもつながって生きる。本当に魔法の一粒である。
 地球には500万~3000万の生物種がいるそうだ。その生活圏の生態系が少しずつバランスを崩していると研究者たちは嘆いて警鐘を鳴らす。バランスが崩れてしまうと一体、我々の生活にどんな影響が出るのか、何となく想像はつくが、まだ誰も知らない。開拓当初の山形山農場の生態系を想い出すと、譲り受けたころは山を切り崩したガレキの荒れ地でミミズもモグラもネズミもいなかった。何故なら、ミミズの餌となる土壌微生物がまだ棲みついておらず食物連鎖の食物ピラミッドが形成されていなかったからで。
そんな荒廃したところに種を蒔いても未熟野菜と奇形野菜しか育たなかったのを無知の中で経験したことを覚えている。勿論、有機農業には不向きな農地であった。有機農業の条件は農地の生態系がバランス良く整っている事が鉄則だからで。(今は大丈夫)
 また十数年前、ネオニコチノイド系農薬が原因と思われる事件が起きた。この農薬は殺虫効果が高いことから世界中で使用され、その後間もなく蜜蜂の大群が神経を侵され大量に死んだ。その結果、蜜蜂の媒介で受粉する果実や牧草等の虫媒介作物の生産量が減り、果実や乳製品に品薄が起り価格が跳ね上った。花に群がる昆虫が減少し生態系が少し狂っただけでも食品価格に直ぐにはね返った。もし海洋で動物プランクトンが大量死したらいったいどうなるだろうか。安定した食生活環境で充実人生を送るためにも、もう少し自然に対する細やかな気配りが必要な時代に入っているようだ。

.


2019年06月28日 05:09

2019.7.1 華麗な姿
 元気な姿には命の華があり、魅了されてしまう。はしゃぎまわる子供や若者たちの躍動は勿論のこと、野菜も暑い陽ざしのなかでたおやかに揺れる姿には絵になる華麗な美をもって生長している。今年のキャベツはそうした容姿がそなわり手入れするのが愉しい。播種は3月半、定植は4月末。5月後半から結球が始まり、7月1週には陽だまりの旨味をたくさん詰め込んだキャベツをみなさんの食卓にお届けできる。5月の太陽は外葉をつくり、6月の雨は美味を造った。土壌微生物にワインの発酵を促す栄養素(食品添加物)を与えたのも良い結果が出たようだ。
静心荘に休養で訪れた会員さんと虹色クラブの人の手伝いで小さなプラグ苗(ミニ苗)のキャベツを植えた。黒マルチに穴をあける人、定植する人、水をやる人、この日は特に暑くミニ苗が傷まないようにと3人が手際よく作業を進め、いつもなら他愛ない会話を交え疲れを知らない農業を楽しむのだが、この日だけは作業分担で疲れを覚悟で黙々と汗を流した。そんな心配りがキャベツの生育環境を最適なものにしたのかもしれない。今回の苗は3日目に根付き4日目からは水遣りもなく自力で水を吸い上げるほど元気な苗であった。
2週間後に植えた枝ブロッコリーは少しの低温で花芽分化(実を結ぶ行動)を起し過半数が生殖生長期前に開花し食用にはならなかった。野菜の栽培はいつも原産地情報(遺伝子情報)を確認しているが、初めて植えた枝ブロッコリーはキャベツと同郷なのに低温は苦手らしい。
5月に食育研修に来た保育士さんたちの手で蒔いたカボチャとコリンキ―もきれいに発芽した。6月中旬に定植し今は力強くつるを伸ばしている。特にコリンキ―の口中からもれる咀嚼音はコリツ コリツと幸せな人が食べる風景に似て、その響きがとても心地いい。爽やかな歯音が美味しさを増幅させ愛好家は年々増えている。今年は出来がいいのでたくさん届けられそう。また「黒べえ茄子」は育苗中に低温に負けて枯れた。代替えに少し小ぶりだが、茄子色の美しい「真仙中長なす」を植えた。皮は柔らかく、炒め物、煮物、汁物、天ぷら、一夜漬け、等に評判が高い。7月後半には収穫出来そう。
 


ギャラリー
  • コメと野菜と鶏卵と
  • 色の濃い葉物野菜は危ない
  • 食はいのち 希望を語り学ぶ
  • 感謝と涙の一年でした
  • ウバユリの願い
  • 大粒でうまいコメが誕生  『新開発米 やまがたびより・元気長寿米』
  • コオロギの食欲に脱帽
  • 試食で味を高める
  • 美味しい野菜は高栄養価